• 极光 Revontulet (kiina)

    Jorma Luhta - Seija Paasonen

    35,00
    北极光的发源地是在太阳上离人类大概一亿五千万公里的地方。极光现象的另一个尽头也就是在地球附近,会产生极光火焰——一个置身当前会让人感到渺小的震撼的自然奇观。 芬兰摄影师约码路哈达 在芬兰拍摄极光已有多年的时间,他选取了最有影响力的作品到本书。地质学家瑟雅巴索宁介绍极光的诞生,以及北部人们的文化中关于极光的传说和艺术。  
  • オーロラ Revontulet (japani)

    Jorma Luhta - Seija Paasonen

    35,00
    オーロラの発生地は、人間社会から1億5000万 km離れた遠い宇宙の太陽にあります。そしてプロセスの最終地、地球の近くのところでオーロラの揺らめく光は発光するのです。その大自然が繰り広げる光景の前では人間は自分の小ささを感ぜずにはいられません。フィンランドの写真家ヨルマ・ルフタはフィンランドで何年もの間オーロラを撮影してきました。そして彼はこの本のためにその中から選りすぐりの写真を選んでいます。気象学者セイヤ・パーソネンは、オーロラの発生について、さらにはオーロラが北方民族にもたらした迷信や芸術についてこの本で語っています。  
  • THE NORTHERN LIGHTS

    Jorma Luhta - Seija Paasonen

    35,00
    The origins of the northern lights are far away in the space in the sun approximately 150 kilometers from the humankind. The northern lights or aurora borealis as they are called are the spectacles of nature, in which a person can easily feel his or her own smallness. Finnish photographer Jorma Luhta has been working with the northern lights for years. Meteorologist Seija Paasonen explains their origins but also tells about the myths and art created by northern people.